ハインツ=ヨアヒム・ドレーガー『図解リューベック ハンザ都市の文化史入門』を出版

教員:
2022.4.22

法経社会学科地域社会コースの中島大輔教授(ドイツ都市文化史)が『図解リューベック ハンザ都市の文化史入門』(朝日出版社、2022年3月)を翻訳・出版しました。

この本は世界遺産のハンザ都市リューベックを都市の成立から発展、市壁や市門による都市の防衛、教会の建築と構造、数字に秘められた宗教的象徴、煉瓦ゴシック様式の商家の内部と建築様式の変遷、市場の営みなどから、楽しく分かりやすく図解しています。

中世から近世にかけて仲介貿易で繁栄をきわめたハンザ都市リューベックの市民生活が生き生きと浮かび上がる、美しく楽しい文化史入門となっています。

著者と親交のあった訳者はこれまでに『トーアシュトラーセ 街並みに見るハンザ都市の歴史』(2013年)、『中世ハンザ都市のすがた コグ船と商人』(2016年)を翻訳しています。

朝日出版社の書籍案内はこちら