2020年度「産業心理支援実習」活動報告-紀伊國屋書店鹿児島店(アミュプラザ4階)との産学連携-

今年度12月に紀伊國屋書店鹿児島店とのコラボ企画として、書籍のPOP広告展開に販売促進活動をしました。

11月には、心理学専攻の学部生21名が6グループに分かれてPOP広告を提案し、現場の方からたくさんのご助言をいただきました。それを元に、インターネット実験によって、どのPOP広告がより購買意欲を高めるかのデータを収集・分析し、最終的なPOPを決定しました。そして、12月後半には、実際に店舗でPOP広告を展開していただきました。今(1月)は、実売データを元に効果検証の分析をし、最終プレゼンの準備をしています。

コロナ禍の中、感染状況に応じて対面授業と遠隔授業を組み合わせながら、という例年にない取り組みにはなっていますが、それでも、インターネット実験などを取り入れたり、なるべく実践的な力が身に付けられるように楽しく活動しています!

11月初旬のPOP広告提案プレゼン