心理学コース

他者に寄り添い地域の「心の健康」を支える人材と
心理学を生かしてビジネス分野で活躍できる人材の育成

心理学コースでは、心理学の基礎から応用まで、幅広くかつ専門的に学びます。人間の心と行動を科学的に理解するための基礎的知識を身につけ、そこからさらに心の健康に関する実践的技能や消費者心理などの実用的技能を修得するカリキュラムが用意されています。人間の心と行動への深い理解に基づき、地域の様々な心理的問題の解決に貢献できる人材と、産業やビジネスに心理学的側面から貢献できる人材の育成を目指します。また、公認心理師受験資格を得られる教育体制・カリキュラムを整えています。

教育の特徴

科学的思考力の育成
「心理学研究法」や「心理統計法」などの基礎科目によって、人間の心と行動を科学的/客観的に分析・理解する能力を育成します。このような科学的思考力は、全ての心理学分野の基礎になるだけでなく、実社会の複雑な問題を理解し、解決策を導く際に役立ちます。

2つの履修モデル
カウンセリングから脳科学まで、幅広い内容の心理学を学習することによって多角的に心理的問題にアプローチする能力を養います。また、「コミュニティ心理支援」と「産業心理支援」の2つの履修モデルにより、それぞれの現場に特化した知識・技能の獲得が可能になります。

現場で活きる知識・技能
文系総合学部の特徴を生かし、社会制度や経済状況など複雑な要因が絡みあう心理的諸問題を解決するための幅広い視野の獲得を目指します。また、実際の現場での実習科目によって、心理学の知識を適切に役立てるための実践的判断力とコミュニケーション力を養成します。

カリキュラム

在学生の声

久保田 亘さん
人文学科4年

私が所属する生涯発達心理学ゼミでは、主に高齢者に対する心理学的支援やその効果について研究しています。私の場合、高齢者を介護する家族の精神的負担を軽減することを目的として卒業研究を進めています。しかし私は入学当初、高齢者を対象とした研究をするなんて思ってもいませんでした。心理学コースでの授業や実験、演習を重ね、心理学を幅広く学んだ結果、このゼミを選びました。心理学の様々な分野に精通した先生方の講義と、動物実験やイベント企画、臨床現場の見学などの多くの活動を通して心理学の奥深さをいつも感じています。

卒業生の声

田坂 英恵さん
株式会社日経リサーチ/2015年卒業

私は現在、日経リサーチという調査会社で、各省庁が実施する基幹統計の実施に携わっています。国が実施している統計調査は「意見」ではなく「事実」を収集する調査ですので、一見、人の心や行動を理解する「心理学」とは対照的に思われます。しかし、このコースで学んだ統計学の知識と、仮説検証で学んだ論理的思考は、クライアントとのやりとりにおいて、説得力を高める上で大変役立っています。また、一般企業をクライアントとしている部署では、企業の抱える課題のヒアリング方法から調査票の構成、データの見方まで、「心理学」で学んだスキルが大いに活かされています。

授与する学位

学士(文学)

取得できる資格

認定心理士、中学校教諭一種(国語・英語・社会)、高等学校教諭一種(国語・英語・地理歴史・公民)、学芸員、公認心理師(受験資格 ※)

※公認心理師の受験資格を取得するには、大学院への進学などが必要になります。詳しくは厚生労働省の公認心理師関連情報をご確認ください。

主な就職先

心理職公務員、病院・福祉施設等の心理士、民間企業(営業、接客、企画等)、教員など

授業科目一覧

心理学コース

基礎

心理学コース基礎I

心理学コース基礎II

活用1

神経科学

パーソナリティ論

学校心理学

比較心理学

教育心理学概説

認知心理学

障害児心理学

学習心理学

心理査定学

発達心理学

生涯発達心理学

臨床援助論

発達臨床心理学

臨床心理学

消費者心理学

コミュニティ援助論

説得・交渉心理学

社会心理学

精神医学

産業・組織心理学

医療関連法

 

活用2

コミュニティ援助論演習

心理アセスメント実習

神経科学演習

比較心理学演習

心理査定学演習

認知心理学演習

生涯発達心理学演習

臨床心理学演習

消費者心理学演習

社会心理学演習

産業・組織心理学演習

臨床援助論演習

多変量データ解析演習

心理療法演習

心理学実験実習

 

実践

コミュニティ心理支援実習

卒業論文

産業心理支援実習

 

*この他、「学科共通基礎科目」として「心理学概論」「心理統計法」「心理学研究法」の授業もあります。

人文学科のその他のコースはこちらからご覧ください。