教員紹介

多元地域文化コース(人文学科)

太田 純貴

Ota Yoshitaka

私たちが思考する際には、いくつもの透明なレイヤーを経由しています。メディア論はそれらを浮き彫りにして、明るみに出していく批判的な営みです。

担当講義

  • ポピュラーカルチャー論講義
  • ポピュラーカルチャー論演習1・2
  • 芸術文化史概説
  • 芸術文化論演習

専門分野

  • メディア論
  • 美学芸術学
  • 美術史

研究内容

1.タイムマシン/タイムトラヴェル(作品)に関するメディア論・美学芸術学的研究
2.メディア考古学の理論的位置付けの解明
3.haptic概念を中心とした触覚とメディア文化の関係

主な著書・論文など

著書・論文名等
「マッド・サイエンティストとトポス概念」
掲載誌・発行所等
松本健太郎編著『理論で読むメディア文化』/新曜社
発行年月
2016年
区分
単独編訳
著書・論文名等
エルキ・フータモ『メディア考古学』太田純貴編訳
掲載誌・発行所等
NTT出版
発行年月
2015年
著書・論文名等
「タイムマシンとしての衣服」
掲載誌・発行所等
『哲学研究』/京都哲学会
発行年月
2014年
著書・論文名等
「H・G・ウェルズ『タイムマシン』における時間概念———タイムトラヴェル=タイムマシン考察のために———」
掲載誌・発行所等
日本記号学会編『セミオトポス』6/新曜社
発行年月
2013年

所属学会

・美学会
・日本記号学会
・日本映像学会 など