教員紹介

地域社会コース(法経社会学科)

農中 至

Nounaka Itaru

戦後日本の地域の動き、なかでも教育現場のあり様はきわめて多様です。社会的な困難とともに、特徴的な地域の文脈から生じたさまざまな教育実践や活動には今日でも学ぶべきものが多く込められています。暮らしとかかわるひとびとの学習や地域の教育機能について、地域社会の永続性という視点からともに考えてみませんか。

担当講義

  • 社会教育概論

専門分野

  • 社会教育学
  • 戦後社会教育実践史

研究内容

旧産炭地における子どもとおとなの学びの歴史
戦後日本の産業と教育と福祉の関係史

主な著書・論文など

著書・論文名等
農中至「生活課題解決に向けた住民の学習に関する歴史的考察―旧産炭地・筑豊地域の生活保護問題を中心に―」
掲載誌・発行所等
『日本社会教育学会紀要』No.48 pp.21-30/日本社会教育学会
発行年月
2012年

所属学会

日本社会教育学会