教員紹介

多元地域文化コース(人文学科)

兼城 糸絵

Kaneshiro Itoe

 文化人類学とは、文化の多様性を通じて「人間とは何か」を考える学問です。特に、現地調査(フィールドワーク)をベースにして、「他者」の文化を理解しようとする点に特徴があります。「他者」を理解することは、「自己」(あるいは自文化)について考えるきっかけにもなります。書を持って共に街へ出てくれる方を歓迎します。

担当講義

  • 文化人類学研究
  • 文化人類学演習1
  • 文化人類学実習

専門分野

  • 文化人類学
  • 地域研究

研究内容

・東アジア(中国)における人の移動と社会変化
・災害復興と民俗文化
・東アジアの宗教文化

主な著書・論文など

区分
論文
著書・論文名等
現代中国における移民と宗族−福建省福州市の事例から
掲載誌・発行所等
瀬川昌久・川口幸大(編)『<宗族>と中国社会−その変貌と人類学的研究の現在』/風響社
発行年月
2016年
区分
論文
著書・論文名等
「移民」が支える神祇祭祀−福建省福州市の僑郷の事例から
掲載誌・発行所等
川口幸大・稲澤努(編)『僑郷−華僑のふるさとをめぐる表象と実像』/行路社
発行年月
2016年
区分
論文(共著)
著書・論文名等
アニメ聖地巡礼者たちの被災地支援―七ヶ浜町花渕浜の事例から
掲載誌・発行所等
高倉浩樹・滝澤克彦(編)『無形民俗文化財が被災するということ―東日本大震災と宮城県沿岸部地域社会の民俗誌』/行路社
発行年月
2014年

所属学会

・日本文化人類学会
・日本華僑華人学会
・沖縄民俗学会
・「宗教と社会」学会
・日本華南学会