まちづくり論

【授業概要】
鹿児島市が策定した第5次総合計画の基本目標に基づく政策を各担当課長がリレー形式で講義を行います。市政への理解と関心を深め、学生の市政への参画を推進するとともに、将来のまちづくりを担う人材を育成することを目的とします。

【学修目標】
この授業では、以下のことを主要な学修目標としています。

 1.行政の仕組みや役割が理解できる。
 2.鹿児島市のまちづくりの現状や課題が理解できる。
 3.鹿児島市の現状や課題を踏まえた改善策を提案できる。

【授業内容】
 1.鹿児島市の各政策についての講義(各テーマ1回✕5回)
 2.課題研究(ワークショップ9回)
 3.市長ふれあいトーク(1回)

ワークショップの成果を発表
市長ふれあいトークの風景

受講生の声

暁 俊也さん
法政策学科4

 グループワーク形式の講義なので私も受講する前は少し身構えました。しかし、実際は自由な発想で自由に発言し、新しい観点から問題に対処していくことの楽しさ、重要性を実感できる面白い講義でした。鹿児島市の生の行政課題に向き合い、メンバーとともに考えを深め解決策を見出して言ったこの経験は私にとって大きな強みになりました。
 また、私は代表として市役所の方でグループワークで出た行政課題の解決案についてプレゼンさせていただきました。自分の実力を知ることのできる大変貴重かつ、面白い経験をさせていただきました。


福島 蓉子さん
経済情報科4

 交通、観光、結婚、仕事など様々な切り口から、これからのまちづくりについて考え、意見を出し合う時間がとても有意義で楽しかったです。ワークショップでは、それぞれの分野においてまちの現状を役所の方から聞き、解決策を学生同士で話し合い、それをまとめて発表する流れでした。回を重ねるごとに、問題に対して自分の考えを持ち人と意見を交わす力や、人前で話す力、聞き取り手に伝わりやすい方法を工夫する力を鍛えられました。この授業での経験は、就職活動の際にも大変活きたと思います。また、市長ふれあいトークは、学生側の意見や提案を市に直接届けることのできる貴重な機会でした。緊張しましたが、若者である学生と行政とが歩み寄ることで、今まで遠かった政治が自分たちで動かしていかなければならない大切なものなのだと気づくきっかけにもなりました。


濱田 歩実さん
人文学科4

 大学にいながら実際に市役所で働いてる方からまちづくりの現状を聞ける、グループワークを通してまちづくりの疑似体験をできるところがこの講義の大きな魅力だと思います。
 この講義では、鹿児島市のまちづくりの現状や課題を把握して改善策を提示するグループワークが数回あります。グループワークの中には他の人に自分なりの意見を伝える機会があるので、色々なことを自分の力で考えるきっかけになりました。
 また、講義の最後に開催される「市長とふれあいトーク」は、学生が市長に直接提言できる貴重な機会なので、ぜひ多くの人に体験してもらいたいです。

授業への誘い-鹿児島市からの案内-

 本市は、鹿児島大学と平成19年に包括連携協定を締結し、まちづくり全般にわたる広範な分野で、相互に協力しながら取組を進めており、この「まちづくり論」もその一環として実施しているものです。
 「まちづくり論」は、本市のまちづくりの現状や課題等について学び、その改善策などを考えてもらう講座です。この講座を通して、市政をより身近に感じてもらうとともに、今後も、何らかの形でまちづくりに携わって頂くことにつながることを期待しています。

鹿児島市市民局市民文化部市民協働課
課長 濵田 孝行